熱風式アニール炉

資料番号 : 113811630007
所在等 株式会社 オハラ 
所在地 神奈川県相模原市
製作(製造)年 1985
種類 量産品
製作者(社)等 株式会社 オハラ
調査機関団体 一般社団法人 日本光学硝子工業会
特徴 「高均質光学硝子への熱風式アニール炉の貢献」 光学硝子のアニールは主に除歪と屈折率の調整を目的としているが、硝子内部の屈折率変動量が極めて小さい高均質光学硝子の需要が昭和50年代後半から高まった。その為、従来のアニール炉に代り、セラミックファイバー系ボードで構成したPID温度制御方式の熱風循環型アニール炉を開発した。炉内の温度差無い精密なアニールは高均質光学硝子の量産化を可能とした。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る