炭素調理器

資料番号 : 113011550016
所在等 株式会社大木工藝
所在地 滋賀県大津市
製作(製造)年 1994
種類 試作品
製作者(社)等 大木 武彦
調査機関団体 遠赤外線協会
特徴 炭素材料を約5万トンの水圧で360度方向からプレス、さらに90日間に渡り約3000℃で焼成した等方性高密度炭素から削り出した調理器。熱拡散率が高いため素早く熱源の熱を拡散し、高密度の炭素から放たれる高効率な遠赤外線放射により素材の中心まで熱が通り美味しく調理できるのが特長。また、炭素は鉄の1/4の重さのため軽量で扱いやすく、ガスコンロ・IH対応、炊飯器、鍋、焼肉プレートなど様々な形状・加熱方式にも対応できる。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る