焼成りん肥 (肥料)および製造設備

資料番号 : 112611510003
所在等 小野田化学工業株式会社 門司工場
所在地 福岡県北九州市
製作(製造)年 1955
種類 量産品
製作者(社)等 小野田化学工業株式会社
調査機関団体 日本肥料アンモニア協会
特徴 焼成りん肥はりん鉱石を回転窯(ロータリーキルン)で焼成し、有害成分のフッ素を除去したりん酸肥料です。昭和26年(1951)に慶応大学教授・山口太郎が開発した製造方法をもとに、翌27年(1952)から小野田セメント(株)(現在の太平洋セメント(株))中央研究所が工業化研究に着手し、昭和30年(1955)小野田肥料(株)(現在の小野田化学工業(株))を設立し、世界で初めて工業化に成功しました。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る