連続回転式窒化炉「OGNキルン」 (石灰窒素製造に関する技術資料)

資料番号 : 112211470007
所在等 電気化学工業株式会社大牟田工場
所在地 福岡県大牟田市
製作(製造)年 1984
種類 その他(窒化炉)
製作者(社)等 橋本鉄工所
調査機関団体 日本石灰窒素工業会
特徴 連続回転式(キルン式)窒化炉「OGNキルン」; 粒状の石灰窒素の製造法は、従来は粉状石灰窒素に水を加えて造粒して熱風乾燥する方式(水和造粒法)だったが、①水との反応による変質や②粒の強度が得られにくい等の問題があった。OGNキルンは、水を使用せずカーバイドの窒化段階で直接造粒する独SKW社の知見を基に、連続して効率的な生産を可能とした連続回転式(キルン式)窒化炉である。1984年に稼動開始し現在に至る。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る