トンネル用高感度広域型二波長式検知器 FDF011

資料番号 : 111811430022
所在等 能美防災株式会社
所在地 東京都千代田区
製作(製造)年 1980
種類 写真
製作者(社)等 能美防災株式会社
調査機関団体 一般社団法人全国消防機器協会
特徴 従来の定輻射式に比べて監視距離が4倍(25m)となり、火炎に対する選択性にも優れた高感度広域型二波長式火災検知器FDF011を、1981年に東京港第二航路海底トンネルに国内初設置。道路トンネル内を通行する車両や運転手の安全確保に大きく貢献。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る