二酸化炭素消火設備用付臭装置

資料番号 : 111811430013
所在等 日本ドライケミカル株式会社
所在地 東京都品川区
製作(製造)年 1992
種類 量産品
製作者(社)等 日本ドライケミカル株式会社
調査機関団体 一般社団法人全国消防機器協会
特徴 二酸化炭素による消火の原理は、酸素濃度を下げる窒息消火なので、放射された二酸化炭素に気づかず人身事故に至る例がある。本装置は、二酸化炭素消火設備の安全性を高めるため、放射された二酸化炭素の存在を警告臭で覚知できるよう放射時に自動で付臭をおこなう装置として開発されたものである。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る