ピストル型消火器

資料番号 : 111811430004
所在等 中央理化工業株式会社
所在地 東京都豊島区
製作(製造)年 1924
種類 量産品
製作者(社)等 中央理化工業株式会社
調査機関団体 一般社団法人全国消防機器協会
特徴 原型は大正11年ドイツからの輸入品。火薬使用が銃砲火薬取締法に抵触し一般使用が認められなかった為代替品を研究。理化学研究所の櫻井錠二博士と鈴木梅太郎博士のご指導を得て「瓦斯發生薬」を発見し特許権を取得、大正14年より販売。薬筒(瓦斯發生薬と粉末消火薬を充填)と發射器からなる。日本の自動消火具の元祖である「自働消火彈」と共に「消火王」のブランドで陸海軍・警視庁消防部等の携帯品として広く使用された。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る