起爆薬「雷汞」の反応・洗浄・分離容器(レトルト)

資料番号 : 110011181002
所在等 カヤク・ジャパン株式会社
所在地 宮崎県延岡市
製作(製造)年 1945~1949
種類 量産品
製作者(社)等 旭化成工業株式会社
調査機関団体 日本火薬工業会
特徴 起爆薬「雷汞」の化成・洗浄・分離容器として用いられ、直立ノズルから原料を仕込み、反応中はノズル先を真空ラインに接続した上で、セパレーターで気液分離、陶器製の目皿で排ガスを洗浄した。工業材料的にはステンレスの前時代に当り、また起爆薬に関してはDDNP(ジアゾジニトロフェノール)の前時代に当る。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る