わが国初の製鋼用人造黒鉛電極

資料番号 : 109711091004
所在等 日本カーボン株式会社 富山工場
所在地 富山県富山市
製作(製造)年 1927
種類 量産品
製作者(社)等 日本カーボン株式会社
調査機関団体 炭素協会
特徴 製鋼用電極は、スクラップを溶解するアーク炉で使用される。高温(約1600℃)の炉内で使用され、大電流を流して先端からアークを発生させるため、内部に大きな温度勾配と熱衝撃が生じ、併せて通電中の電磁力やスクラップ崩落による外力を受ける。人造黒鉛は、電気抵抗が低い、熱応力に対する耐スポーリング性が高い、高温でも融解しない、機械的強度が大きいなどの特徴を有し、アーク炉用電極材料として最適なものとなっている。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る