わが国初の500W真空管式送信機

資料番号 : 109311051003
所在等 日本無線株式会社
所在地 東京都三鷹市
製作(製造)年 1922
種類 設計図・文献、写真
製作者(社)等 日本無線電信電話株式会社(現 日本無線株式会社)
調査機関団体 社団法人 海洋水産システム協会
特徴 大正12年に完成した船舶用真空管式中波送信機は、空中線直接結合型の自励発振式によるもので、入力500Wまでの各種があった。瞬滅火花式無線電信機の滅衰電波に比べて、純粋な持続電波を発振するもので、混信も少なく通達距離も大いに改善された。わが国初となる第1号機(入力100W)は、翌年3月に東京高等商船学校の明治丸に装備された。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る