アンモニア液ポンプ方式冷却装置

資料番号 : 109011011009
所在等 株式会社前川製作所
所在地 東京都江東区
製作(製造)年 1960-1970
種類 量産品
製作者(社)等 株式会社前川製作所
調査機関団体 (社)日本冷凍食品協会
特徴 昭和30年後半にソ連より受注し納入した冷蔵庫に使用されていた方式で、低圧部に巨大な液溜り(レシーバー)を設けて、低温のアンモニア液をつくり液ポンプで蒸発器を循環させた。簡単な液面制御と液バックの心配が無く自動制御し易い。日本では前川製作所が月島に自社の冷蔵庫を建設したのが最初で、その後大型冷蔵庫は液ポンプ方式が主流となった。フロンの時代になっても暫くはこの方式が使用された。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る