レイメイ式四季醸造蔵開発手記「黎明の蔵」

資料番号 : 107110801004
所在等 杵の川酒造株式会社
所在地 長崎県諫早市
製作(製造)年 1963
種類 設計図・文献、写真
製作者(社)等 瀬頭 大治(1973年没)
調査機関団体 日本酒造組合中央会
特徴 この手記「黎明の蔵」は長崎県諫早市の黎明酒造株式会社の二代目社長瀬頭大治が、終戦後間もなく昭和22年に、来るべき戦後復興に備え日本酒の量産を地方の中小メーカーにも可能にすべく着目し、昭和36年の日本で初の実用四季醸造蔵を稼働させるまでの10余年に亘る幾多の困難な道を克服した経緯と試行錯誤の上で、完成した試験記録を付した手記です。同氏はこの他に、手動の液体びん詰機等の発明実用化の功績により、昭和47年科学技術庁より黄綬褒章を受けました。 尚、黎明酒造株式会社は合併を経て、現在杵の川酒造株式会社と社名を変更しました。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る