リング式撚糸機

資料番号 : 106510741006
所在等 福西撚糸
所在地 京都府京都市上京区
製作(製造)年 1960
種類 その他
製作者(社)等
調査機関団体 日本撚糸工業組合
特徴 西陣織の工程に於て、撚糸は最初の作業と申せましょう。主に絹を加工します。絹は大別して家蚕糸と野蚕糸があります。桑を食する家蚕糸が主流ですが野蚕糸も素敵な特徴を持っております。蚕の吐き出す糸は約3デニールですから7粒で21中と標準の太さになります。数本から数十本を合糸して織物に適した撚糸機(張撚糸機、八丁式撚糸機、イタリー式撚糸機、リング式撚糸機等)を使いわけて適当なヨリをかけて丸み、光沢、強度等を与えて織物の基礎を固めて居る工程がねん糸です。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る