有機保温材技術の変遷

資料番号 : 106410731006
所在等 株式会社イノアックコーポレーション
所在地 愛知県安城市
製作(製造)年 1954
種類 量産品、写真
製作者(社)等 井上ゴム工業株式会社(現イノアックコーポレーション)
調査機関団体 日本プラスチック工業連盟
特徴 在来の無機保温材に対し、弊社は、1954年ウレタン技術導入以来、有機材(軟質・硬質ウレタン材)配管筒状成形と保温技術で業界をリードし、生産量も業界シェアーNo.1。有機保温材は、無機材の約2倍の保温性能を有し、環境にも優しく軽量で安価。現在、ポリエチレン発泡体も加え、有機保温材技術は、一般に普及し、将来もマイクロセル発泡展開と産業界の省エネ需要にて、世界的に拡大が期待できる。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る