硬質ウレタンフォームの現場施工の始まり(LPGタンカー・新幹線の断熱材)

資料番号 : 106410731002
所在等 株式会社イノアックコーポレーション
所在地 愛知県安城市
製作(製造)年 1961
種類 量産品、設計図・文献、写真、その他
製作者(社)等 ポリウレタン化成株式会社(現BASF INOACポリウレタン株式会社)
調査機関団体 日本プラスチック工業連盟
特徴 1961年硬質ウレタンフォームの現場発泡によりLPGタンカーの断熱施工に世界で初めて成功した。硬質フォームの優れた断熱性、気密性、作業性、接着性等の特徴により日立造船日石丸に現場施工された。また、新幹線の車両の断熱材も硬質ウレタンフォームの現場施工で成功した。以後建築住宅分野にも広く普及し、特に共同住宅用途では80%近いシェアーを示している。最近ではノンフロン品が木造住宅分野でも普及している。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る