振動試験装置 ASE-A300B

資料番号 : 106210711011
所在等 株式会社ミツトヨ 宇都宮事業所
所在地 栃木県宇都宮市
製作(製造)年 1969
種類 量産品、設計図・文献、写真
製作者(社)等 株式会社明石製作所
調査機関団体 日本試験機工業会
特徴 1969年、日本で初めて高磁束密度(ダブルエンド)の磁極を用いて製作された振動試験装置である。従来の約2倍の磁束密度を発生させることで小型で大加振力、高振動数領域までの振動試験が可能となり、航空・自動車・電子部品の信頼性向上に有効に利用された。これ以後の振動試験装置ではこのダブルエンドの磁極が用いられるようになった。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る