岩田藤七作 ガラス花器 (作品番号 TF1174)

資料番号 : 105910671008
所在等 資生堂アートハウス
所在地 静岡県掛川市
製作(製造)年 1957
種類 その他(作品)
製作者(社)等 岩田 藤七 岩田工芸硝子株式会社
調査機関団体 ガラス産業連合会
特徴 この花器は岩田藤七が始めた金箔使いによる、ガラスと金箔を何回も重ねた花瓶のシリーズ「松風」のひとつである。扱いの難しい黒色ガラスの線や粒で模様を出した日本的な雰囲気をもつ、岩田工芸硝子株式会社の代表的な商品の元となった作品。ソーダガラス製。透きガラス、黒色ガラスの棒線、厚めの金箔、オパール色のガラス、黒色ガラス粒を何回か重ねてつけ、宙吹きで仕上げられた。底に充分な透きガラスの厚みがみられる。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る