シース型測温抵抗体 RESIOPAK R35

資料番号 : 104210481006
所在等 株式会社岡崎製作所 明石工場
所在地 兵庫県明石市
製作(製造)年 1963
種類 その他(受注生産品)
製作者(社)等 株式会社岡崎製作所
調査機関団体 社団法人日本電気計測器工業会
特徴 工業用温度センサには、古くから熱電対が使用されているが、より高い精度で測定するには、熱電対に変わるセンサが必要とされる。シース型測温抵抗体はこの要求に対して日本で初めて開発したもので、白金線を感温部に使用してガラスで一体化した、非常に小さい素子である。最も苦労した点は、白金線の熱膨張率と同じガラス素材を探すことにあった。シースとは素子を保護する菅のことで、外径φ3ミリ以上。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る