サンドパンを菓子パンの新しいタイプとして定着させた自動サンド機 SJS

資料番号 : 104110471013
所在等 新日本機械工業株式会社
所在地 埼玉県所沢市
製作(製造)年 1963
種類 量産品
製作者(社)等 新日本機械工業株式会社
調査機関団体 日本製パン製菓機械工業会
特徴 1963年、仙台地区にロールパンの背中をスライスして、各種のクリームをつめたパンが、夥しく売れていた。これは日本中に定着すると思い、普及型の自動サンド機を開発。それから三十数年、約3000台の自動サンド機が、日本全国の各種サンドパンの需要を支えている。この自動サンド機の方式を応用した、各種サンド機はパン業界のみならず、広く菓子業界に浸透、製パン製菓業界の生産合理化に大いに貢献した。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る