全自動どら焼機(直焼焼成機) SDR-KAM

資料番号 : 104110471012
所在等 新日本機械工業株式会社
所在地 埼玉県所沢市
製作(製造)年 1957
種類 量産品
製作者(社)等 新日本機械工業株式会社
調査機関団体 日本製パン製菓機械工業会
特徴 1957年、生地を焼くのみの2列式自動どら焼機を開発。遠赤外線ヒーターを採用し上から熱を加えることにより、ソフトでボリュームのある新しいどら焼を創造することに成功。1963年、餡を詰めて合せて耳締めまで全自動で行う様に進化。1時間800個生産出来るタイプより、1時間6000個出来るタイプまで、数千台を納入。どら焼の販売額で、5~600億の市場に供給、生菓子の大ヒット商品として売れ続けている。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る