全身用X線CT TCT-900S TCT-900S

資料番号 : 103810431020
所在等 東芝メディカルシステムズ株式会社
所在地 東京都文京区
製作(製造)年 1985
種類 その他(カタログ)
製作者(社)等 株式会社東芝
調査機関団体 日本画像医療システム工業会
特徴 ヘリカルスキャン新時代へと展開したスリップリングCT装置の開発。1秒以下の撮影時間、0.35mmの高分解能を目標に新方式によるCT装置を開発、将来のCTの可能性を見極めたいとの意志は、1984年にTCT-900Sとして実現した。この技術が基本となり、ヘリカルCT、マルチスライスCTへと引継がれることになった。スキャン方式:ニューテート/ローテート(スリップリング)、スキャン時間:0.6秒、1秒、スキャン領域:500mmΦ、検出器:個体検出器2304チャンネル、画像再構成時間:10~24秒。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る