オリンパス超音波内視鏡システム EUS-1

資料番号 : 103710421015
所在等 オリンパス株式会社
所在地 東京都新宿区
製作(製造)年 1980
種類 写真
製作者(社)等 オリンパス株式会社
調査機関団体 日本医用光学機器工業会
特徴 膵臓がんの早期発見を目的に、ファイバースコープの先端部に超音波診断装置を付属させた。世界で初めての試作機。消化管腔に挿入できる小型超音波プローブの開発とともに、高精度の診断情報の達成、通常内視鏡の機能の維持を目指した1号試作機。超音波走査方式は回転ミラー反射方式を採用。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る