熱伝導率測定装置(固体の熱伝導率測定装置、非定常加熱熱線法) TC-21/22

資料番号 : 103510401010
所在等 京都電子工業株式会社
所在地 京都府京都市
製作(製造)年 1972
種類 設計図・文献、写真
製作者(社)等 京都電子工業株式会社
調査機関団体 日本分析機器工業会
特徴 熱線法による熱伝導率の測定装置として、我国で最初に演算回路が組み込まれた製品である。耐火物・断熱材・ガラス・ゴム・樹脂などの熱伝導率を、自動演算して短時間に簡単に測定できるようになった。現在、熱線法による熱伝導率測定はJIS法に採用されて、省エネルギー対策・快適な生活環境の実現・品質管理などで広く測定されて、その応用分野は限りなく広がっている。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る