アッベ式たて型測長器

資料番号 : 103210361003
所在等 独立行政法人 産業技術総合研究所 つくばセンター 
所在地 茨城県つくば市
製作(製造)年
種類 試作品
製作者(社)等
調査機関団体 独立行政法人 産業技術総合研究所
特徴 本器は標準尺、読み取り顕微鏡、釣合用重錘からなり、すべて外部から見える。標準尺はガラス製で一目盛り1mm、全長100mmで豆ランプによって照明される。目盛りの読み取りは、測定ヘッドに固定されている。読み取り顕微鏡は(スパイラルマテクロスコープ)で行う。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る