塩化ビニルの大型重合器 KB号機重合缶

資料番号 : 102190031008
所在等 信越化学工業株式会社 鹿島工場
所在地 茨城県鹿島郡
製作(製造)年 1969
種類 量産品、設計図・文献
製作者(社)等 日立製作所株式会社
調査機関団体 塩ビ工業・環境協会等
特徴 スケールが付着しない技術の開発により、重合缶の大型化の操業が可能となり、世界で初めてコンピューターコントロールシステムの大型重合缶(130m3)を完成した。これにより、生産性、安全性、およびPVCの品質の向上が図られ、クローズド操業の基本となった。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る