塩化ビニル重合缶 内部ジャケット型重合缶

資料番号 : 102190031006
所在等 呉羽テクノエンジ株式会社 
所在地 福島県いわき市
製作(製造)年 1981
種類 設計図・文献、その他(大型重合器として国産1号機)
製作者(社)等 神鋼ファウドラー株式会社(現 神鋼パンテック株式会社)
調査機関団体 塩ビ工業・環境協会等
特徴 大型の塩ビ重合缶として国産の1号機である。特徴は、従来方式の外部ジャケット重合缶と異なり、ジャケットが重合缶の内部に内包された構造となっている。外部ジャケット型重合缶に比べて、総括電熱係数がSUSの材質で約1.5倍と高く除熱にすぐれている。塩ビを重合するにあたって、除熱に優れているため重合時間を短縮する事ができる。このためいわゆる塩ビの高速重合缶として使用され、塩ビの生産効率を高めている。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る