稀薄混合ガス法塩化ビニルモノマー製造プロセス

資料番号 : 102190031004
所在等 呉羽テクノエンジ株式会社 
所在地 福島県いわき市
製作(製造)年 1964
種類 設計図・文献、写真
製作者(社)等 呉羽化学工業株式会社/千代田化工建設株式会社
調査機関団体 塩ビ工業・環境協会等
特徴 1959年23社で高分子原料開発研究組合が結成された中で、呉羽化学工業と千代田化工建設が研究を継続、1964年呉羽化学錦工場に塩化ビニルモノマー年産3万トンの工場を完成させた。火焔中にナフサを吹き込み、高温・短時間の熱分解でアセチレン・エチレンを高収率で得、それらを分離することなくアセチレンは直接、エチレンはEDC経由で塩ビモノマーとする、初の石油への原料転換プラントであった。ソ連、インドにも建設された。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る