フェロニケル製錬大江山法 文献「大江山法による経済的なステン ロータリーキルン法

資料番号 : 100410041001
所在等 日本冶金工業株式会社 大江山製造所
所在地 京都府宮津市
製作(製造)年 1942
種類 設計図・文献
製作者(社)等 川崎重工業株式会社 日立造船株式会社 三菱加工機株式会社
調査機関団体 社団法人 日本鉄鋼連盟   社団法人 日本鉄鋼協会
特徴 クルップレン法のロータリーキルンを応用した低品位ニッケル鉱石を用いてフェロニッケ粒を製造する世界でも極めてユニークな製錬法であり、大江山法として技術を確立した。終戦までは京都の大江山鉱山のNi品位0.4~0.7%原料を使用し、純国産のフェロニケルを生産していた。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る