厚膜技術による電子同調チューナ「CC型」

資料番号 : 100210021010
所在等 アルプス電気株式会社
所在地 東京都大田区
製作(製造)年 1978
種類 量産品
製作者(社)等 アルプス電気株式会社
調査機関団体 社団法人 日本電子機械工業会
特徴 (1)VHFとUHFを一体化した小型の電子同調チューナ。当時,VHF/UHFの一体化電子チューナは,セットメーカーがプリント回路技術を使って内作化が進めた。その中で部品メーカーの特長を出したチューナを開発した。(2)セラミック基板に厚膜ハイブリット技術で回路,コンデンサ,抵抗器を印刷した。この厚膜技術によるチューナを,通称“アルパックチューナ”と呼んだ。(3)その後,チューナはCE型チューナ(容積50ccの電子同調チューナ),TEM型チューナ(同35ccの電子同調チューナ)へと小型化を進めた。
資料公開状況
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る