「北見ハッカ記念館 北見薄荷蒸溜館」 に対する検索結果 : 24

前の10件 (11-20/24)    次の10件

蒸溜槽巻上げ機

取卸(蒸溜作業)を終えた後、蒸滓を取出すため銅を持ち上げる器具。大きい輪の径が160cm、中心のロープを絡ませる棒の径が16cm、10分の1の力で桶を持上げることができた。

情報所有館 : 北見ハッカ記念館 北見薄荷蒸溜館 


遠心分離機

取卸油を冷却した後、脳(結晶)と油を分離する機械。

情報所有館 : 北見ハッカ記念館 北見薄荷蒸溜館 


脳分検定架台

取卸油の価格を決めるための装置。取卸油の脳分含有量が価格を左右するため、国の検定が必要になった。

情報所有館 : 北見ハッカ記念館 北見薄荷蒸溜館 


ガスクロマトグラフィ

キヤリヤーガスを使うことにより取卸油中に含まれている成分の種類とその量を計測した。

情報所有館 : 北見ハッカ記念館 北見薄荷蒸溜館 


オートマチック・シーマ

精脳と白油を入れた缶に蓋を取付ける機械で大阪より取入れた。

情報所有館 : 北見ハッカ記念館 北見薄荷蒸溜館 


結晶缶と精油缶

それぞれが5ポンド(2.2kg)の脳と油がつめられた。このデザインは昭和43年まで使用された。昭和10年、脳1缶は19,500円で西欧に引取られていった。

情報所有館 : 北見ハッカ記念館 北見薄荷蒸溜館 


シール

包装の封印として使用した。

情報所有館 : 北見ハッカ記念館 北見薄荷蒸溜館 


ハッカ製品のいろいろ

脳(l-メントール)に局所麻酔作用、抗菌作用、脱臭作用、抗炎症作用、保湿作用、鎮静作用等、様々な薬効を持つため、多岐にわたる分野で商品化された。

情報所有館 : 北見ハッカ記念館 北見薄荷蒸溜館 


ハッカに関する資料

薄荷再製工場設計画書。北海道ノ特用作物ニ関する調査。加賀操文献。小川啓介文献。

情報所有館 : 北見ハッカ記念館 北見薄荷蒸溜館 


テーラー刈取機

昭和31年、ホクレンが四国から取寄せた薄荷専用の刈取機。テーラー(耕運機)の前に取付ける装置。

情報所有館 : 北見ハッカ記念館 北見薄荷蒸溜館 


前の10件 (11-20/24)    次の10件