「MIZKAN MUSEUM」 に対する検索結果 : 42

(1-10/42)    次の10件

四斗樽

四斗樽は江戸時代から容器の主役として、昭和8年頃の常滑焼のカメの利用まで続き、一部は昭和40年の全工場キュービ容器導入まで続いた。

情報所有館 : MIZKAN MUSEUM 


木製看板

ミツカンマークは、明治17年公布された商標条例に伴って、四代目・中埜又左衛門が家紋をもとに考案した。

情報所有館 : MIZKAN MUSEUM 


駒頭

名称の由来:三味線の弦の振動を伝える駒の部分に似ていることから。醸造用に水を送るために使った木管の継ぎ目部分。半田の木樋は江戸時代から昭和30年代後半の愛知用水の導入まで引き続き使われていた。

情報所有館 : MIZKAN MUSEUM 


粕ズリ桶

酢の原料となる熟成させた酒粕を運ぶ容器。明治に入って圧搾機に笠を利用する様になると、「ひやかし」工程を建物の二階で行った。二階に粕酒を運ぶとき、粕ズリ桶でせみ(滑車)のある所まで引きずって運んでいた。年代:明治~昭和30年代

情報所有館 : MIZKAN MUSEUM 


せみ(滑車)

桶を二階に上げる時に使用した滑車。舟言葉。帆柱の上端または長いサオの先につけ、網で物を引き上げる滑車の名称からこのように呼ばれていた。年代:明治~昭和30年代

情報所有館 : MIZKAN MUSEUM 


貯蔵された酒粕を六尺桶から掘り出し、粕ズリ桶に入れるために使われていた道具。年代:明治~昭和30年代

情報所有館 : MIZKAN MUSEUM 


手鉤(てかぎ)

原料となる米が入った南京袋を運ぶ際、背負う時に補助として使われていた道具。年代:明治末

情報所有館 : MIZKAN MUSEUM 


四本鍬

貯蔵桶に酒粕を入れた時、表面を凸凹をならして均一にする際用いられた。また、桶から酒粕を掘り出す時にも使われた。

情報所有館 : MIZKAN MUSEUM 


ませ棒と粕こなし鍬

ませ棒:熟成させた酒粕を大きめのひやかし桶に投入するとき、粕の入った小桶をひやかし桶にかけたこの”ませ棒”に一旦乗せ、酒粕を投入した。粕こなし鍬:ひやかし桶に投入した酒粕を細かく砕き、攪拌するために使われた道具で、江戸時代から明治にかけて使われていた。

情報所有館 : MIZKAN MUSEUM 


粕こなし用八本鍬と櫂(かい)

粕こなし用八本鍬:ひやかし桶に投入した酒粕を細かく砕き、攪拌するために使われた道具で、江戸時代から明治にかけて使われていた。櫂(かい):ひやかし桶に入った醪(もろみ)を均一に攪拌するための道具で、江戸時代から昭和30年代前半まで使われていた。

情報所有館 : MIZKAN MUSEUM 


(1-10/42)    次の10件