産業技術史講座

産業技術史講座(上野本館で開催)

9/29(土)

モーターコア打抜き金型の系統化調査

前産業技術史資料情報センター 主任調査員/尾畑 隆一
受付中
私たちの身の回りには、エアコン、冷蔵庫、洗濯機などさまざまなモーターを使った製品があり、いまやモーターが無くては日常の生活ができない状況です。我が国は技術力や品質において世界トップレベルのモーター生産国ですが、その生産を裏で支えているのが高精度の金型です。本講座では「モーターコア打抜き金型」の技術発展の歴史を紹介します。
時間 14:00〜16:00 (開場は13:30)
会場 国立科学博物館(上野) 地球館3階講義室
定員 40名
対象 一般(高校生以上)
締切日 9月15日 (消印有効)
申込方法 往復はがき または WEB

産業技術史講座(上野本館で開催)

11/10(土)

石英系光ファイバ技術発展の系統化調査

前産業技術史資料情報センター 主任調査員/河内 正夫
受付中
長距離伝送媒体としての光ファイバの可能性が英国STL(Standard Telecommunication Laboratories)に勤務していたCharles K. Kaoによって提唱されたのは1966 年のことである。1970年代に入ると、米国のCorning 社とBell 研究所、さらに日本のNTTと電線メーカの努力によって低損失な石英系光ファイバの開発が進み、1981年にはNTT公衆通信網への最初の光ファイバ導入が行われた。そして現在、光ファイバ通信網は、インターネットや携帯電話を含む高速情報通信を支える最重要インフラとなっている。本講座では、人類が発明した究極の大容量伝送媒体ともいえる石英系光ファイバの技術発展経緯を紹介する。
時間 14:00〜16:00 (開場は13:30)
会場 国立科学博物館(上野) 地球館3階講義室
定員 40名
対象 一般(高校生以上)
締切日 10月27日 (消印有効)
申込方法 往復はがき または WEB

往復はがきで申し込む場合

往復はがきに必須事項と返信用に宛先をご記入の上、各イベントの担当窓口までお申込みください。
(各イベントの担当窓口はそれぞれのイベントをご覧下さい)

  • 必須事項
    1. 参加希望行事の月、日、名称
    2. 参加者の氏名(フリガナも)
    3. 住所
    4. 電話番号
    5. 年齢
    6. 学年または職業
    7. 友の会会員の方は会員番号

※申込み多数の際は、抽選で決定致します。
※1つの事業には、1通のはがきでお申込み下さい。
※家族またはグループで参加希望の際は、参加者全員の氏名、年齢をお書き下さい。

■お問い合わせ

〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
国立科学博物館 学習課 学習支援担当
電子メール:lecture@kahaku.go.jp
電話:03-5814-9888(平日8:30〜17:00)