産業技術史講座
産業技術史講座(上野本館で開催)               
7/9(土)

セメント製造技術の系統化<日本における製造技術の進化・発展140年の歴史>

前国立科学博物館 主任調査員/下田 孝
受付中
日本のセメント産業は、1873(明治6)年、東京・深川に建設した「官営セメント工場」で産声を上げた。以後90年間、製造技術・設備はほとんどが欧米からの「導入」であった。1970年代になって日本独自技術としてNSP焼成法が開発され、それが契機になって「日本発」の技術が次々と開花、1980年代にはエネルギー効率、セメント品質、いずれの面でも、世界最高水準となった。1990年代以降は、廃棄物をセメント製造の原燃料としてリサイクルすることによって「資源循環型社会構築の中核産業」になることを、新たな産業使命として掲げ、技術の進化を続けている。本講座では、このような日本のセメント産業の技術史を紹介する。
時間 14:00〜16:00 (開場は13:30)
会場 国立科学博物館(上野) 地球館3階講義室
定員 40名
対象 一般(高校生以上)
費用 通常入館料
締切日 6月25日 (消印有効)
申込方法 往復はがき または WEB
産業技術史講座(上野本館で開催)               
9/24(土)

石油化学の技術体系と技術系統化

前国立科学博物館 主任調査員/田島 慶三
受付中
川崎・横浜、千葉、周南、堺泉北などでは、新幹線や在来線の車窓から、また高速道路から銀色の巨大なタンクや蒸留塔の林立する石油化学コンビナートがごく近くに見えます。最近は夜景を楽しむクルーズやバスツアーまで生まれ、人気を博しています。石油化学工業は、様々な原料を使う量産型化学工業とともに生まれ、1950年代〜60年代にそれらの工業を吸収して巨大化し、現在では化学産業の基幹的な地位にいます。複雑と言われる技術体系を簡潔に整理するとともに、その技術の変遷・系統化を説明します。
時間 14:00〜16:00 (開場は13:30)
会場 国立科学博物館(上野) 日本館4階大会議室
定員 40名
対象 一般(高校生以上)
費用 通常入館料
締切日 9月10日 (消印有効)
申込方法 往復はがき または WEB
往復はがきで申し込む場合

往復はがきに必須事項と返信用に宛先をご記入の上、各イベントの担当窓口までお申込みください。
(各イベントの担当窓口はそれぞれのイベントをご覧下さい)

  • 必須事項
    1. 参加希望行事の月、日、名称
    2. 参加者の氏名(フリガナも)
    3. 住所
    4. 電話番号
    5. 年齢
    6. 学年または職業
    7. 友の会会員の方は会員番号

※申込み多数の際は、抽選で決定致します。
※1つの事業には、1通のはがきでお申込み下さい。
※家族またはグループで参加希望の際は、参加者全員の氏名、年齢をお書き下さい。

■お問い合わせ
〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
国立科学博物館 学習企画・調整課 学習支援事業担当
電子メール:lecture@kahaku.go.jp
電話:03-5814-9888(平日8:30〜17:30)