産業技術史講座

産業技術史講座(上野本館で開催)               
1/28(土)

コークス技術の系統化 <我が国高炉の大型化、高生産性を支えたコークス技術の歴史>

前国立科学博物館 主任調査員/中村 正和
受付中
高炉は製鉄所のシンボルとして語られることが多いが、それを支えたのがコークスである。木炭に代わって石炭を乾留したコークスが高炉における還元剤として英国で誕生して約300 年が経過する。コークスによる我が国の近代的製鉄はそのうちの約半分の170年の遅れをもって海外からの技術導入の形でスタートした。当初は現在のようなグローバルな物流がなく、国内の原材料を使用することが必然であったことから劣悪なコークス性状のためことごとく失敗し、世界遺産で話題となった反射炉の建設過程で培った自前のノウハウでやっと操業を軌道に乗せている。その後我が国の高炉は大型化を果たし、エネルギー効率などの切り口でも世界をリードする目覚ましい進歩を遂げた。その発展を支えたのはコークスであるといっても過言ではない。幕末の黒船来航から始まる我が国におけるコークス技術の歴史を述べる。
時間 14:00〜16:00 (開場は13:30)
会場 国立科学博物館(上野) 地球館3階講義室
定員 40名
対象 一般(高校生以上)
費用 通常入館料
締切日 1月14日 (消印有効)
申込方法 往復はがき または WEB
産業技術史講座(上野本館で開催)               
3/11(土)

産業技術史講座「アーク溶接技術の発展経過」

前国立科学博物館 主任調査員/三田 常夫
受付中
人類が金属を利用し始めた紀元前以降、接合によって様々な品物や道具が製作され、金属を接合する溶接は重要な加工技術となっている。それらのうち最も多用されているアーク溶接は、約百年前にわが国に導入され、その後大きく変貌した。アーク溶接の概要とその発展経過について報告する。
時間 14:00〜16:00 (開場は13:30)
会場 国立科学博物館(上野) 日本館4階大会議室
定員 40名
対象 一般(高校生以上)
費用 通常入館料
締切日 2月25日 (消印有効)
申込方法 往復はがき または WEB

往復はがきで申し込む場合

往復はがきに必須事項と返信用に宛先をご記入の上、各イベントの担当窓口までお申込みください。
(各イベントの担当窓口はそれぞれのイベントをご覧下さい)

  • 必須事項
    1. 参加希望行事の月、日、名称
    2. 参加者の氏名(フリガナも)
    3. 住所
    4. 電話番号
    5. 年齢
    6. 学年または職業
    7. 友の会会員の方は会員番号

※申込み多数の際は、抽選で決定致します。
※1つの事業には、1通のはがきでお申込み下さい。
※家族またはグループで参加希望の際は、参加者全員の氏名、年齢をお書き下さい。

■お問い合わせ

〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
国立科学博物館 学習課 学習支援担当
電子メール:lecture@kahaku.go.jp
電話:03-5814-9888(平日8:30〜17:00)