産業技術史講座
産業技術史講座(上野本館で開催)
共催 公益社団法人土木学会土木史研究委員会
3/12(土)

ピッチ系炭素繊維の系統化調査<製造技術の開発と広範囲な工業製品への応用>

前国立科学博物館 主任調査員/星島 時太郎
受付中
1963年に我が国で発明されたピッチ系炭素繊維は、その製造技術の開発と事業化に10年以上の歳月を要した。当時世界の有力企業が参入したが、製造技術と用途開発の困難さから多くの企業が撤退していく中、最終的に日本企業が生き残り、いまでは生産能力で世界の約90%を占めるようになった。本講座では製造技術の開発とピッチ系炭素繊維の特徴を活かした建築土木、電子、航空宇宙等の分野への用途開発の概要を紹介する。
時間 14:00〜16:00 (開場は13:45)
会場 国立科学博物館(上野) 地球館3階講義室 ※12/20付け日本館大会議室より変更
定員 40名
対象 一般(高校生以上)
費用 通常入館料
締切日 2月27日
申込方法 往復はがき または WEB
往復はがきで申し込む場合

往復はがきに必須事項と返信用に宛先をご記入の上、各イベントの担当窓口までお申込みください。
(各イベントの担当窓口はそれぞれのイベントをご覧下さい)

  • 必須事項
    1. 参加希望行事の月、日、名称
    2. 参加者の氏名(フリガナも)
    3. 住所
    4. 電話番号
    5. 年齢
    6. 学年または職業
    7. 友の会会員の方は会員番号

※申込み多数の際は、抽選で決定致します。
※1つの事業には、1通のはがきでお申込み下さい。
※家族またはグループで参加希望の際は、参加者全員の氏名、年齢をお書き下さい。

■お問い合わせ
〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
国立科学博物館 学習企画・調整課 学習支援事業担当
電子メール:lecture@kahaku.go.jp
電話:03-5814-9888(平日8:30〜17:30)